ライフスタイル

【映画】ミッションインポッシブル 大迫力 ネタバレあり

こんにちは(*^-^*)

今回の記事は、大人気シリーズの映画

「ミッション:インポッシブル」

最新作の記事です!!

f:id:morizo_3377:20180802195041j:plain

下の方はネタバレになるので、まだ見ていない方は見ないように!!

スポンサードサーチ

『ミッション:インポッシブル』の概要

解説

トム・クルーズ主演の人気スパイアクション「ミッション:インポッシブル」シリーズ第6作。何者かにより複数のプルトニウムが奪われる事件が発生。世界の3つの都市が核の標的になってしまう。イーサン・ハントとIMFのチームは、核爆発を未然に防ぐため、72時間という限られた時間と少ない手がかりをもとに、正体不明の敵を追う。しかし、タイムリミットが迫る中、イーサンを疑うCIAが敏腕エージェントのウォーカーを送り込んできて、イーサンはウォーカーとの対決を余儀なくされる。シリーズを通して数々のスタントに挑んできたクルーズが、今作ではヘリコプターを自ら操縦するアクションシーンで、アクロバット飛行にも挑戦した。前作に続いてクリストファー・マッカリーがメガホンをとり、シリーズで初めて2作連続の監督を務めた。共演はシリーズおなじみのサイモン・ペッグ、ビング・レイムス、前作から続けて登場するレベッカ・ファーガソンのほか、ウォーカー役で「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カビルが初参戦した。

ストーリー

盗まれたプルトニウムを奪還するミッションを遂行中の“イーサン・ハント”は回収に成功するが、捕まった仲間の命と引き替えに、敵にプルトニウムを渡してしまう事件が起きた。イーサンとIMFチームは、標的となった<3つの都市>の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受ける。だがCIAは敏腕エージェントのウォーカーの同行を条件とした。猶予は72時間。手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前のみ。情報を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ”との信頼関係は失われてしまう。イーサンを疑い始めたウォーカーが睨みを効かせる中でのミッション遂行は動きを制限され困難を強いられたが、その確執は高まり、ついにイーサンはウォーカーとの対峙を迫られる。やがてタイムリミットが刻一刻と迫る絶体絶命の中で、チームの仲間や愛する妻の命まで危険にさらされる等、いくつもの<フォールアウト(影響)>がイーサン・ハントに降りかかる

出演者

  • トム・クルーズ サイモン
  • ペッグ ヴィング
  • レイムス レベッカ
  • ファーガソン アレック
  • ボールドウィン ミシェル
  • モナハン ヘンリー
  • カヴィル ヴァネッサ
  • カービー ショーン
  • ハリス アンジェラ
  • バセット

管理人の楽しみ

毎回、毎回、あの激しいアクション(*’▽’)

壁をペタペタ上って行ったり、飛行機に飛び乗ったりと

年齢を感じさせないあのアクションはもう何度見ても最高です(*’ω’*)

あのヤバイアクションをトムはスタントマン無しに自ら行うとは、、、

今年でも56歳になるのにさすが俳優魂は素晴らしいものです。。

ここらへんで、今までのシリーズをおさらいしておくことにしましょう(*’ω’*)

前シーズンまでの振り返り

ミッション:インポッシブル

f:id:morizo_3377:20180802204052j:plain

1996年。スパイ組織「IMF」に所属するジム・フェルプスが率いるチームは密告者が流した情報のせいで作戦中に敵の罠に落ち、壊滅させられてしまう。生き残ったエージェントであるイーサン・ハントは裏切り者の疑いをかけられ、当局から追われることとなり、真犯人を探し出そうとする。

 ミッション:インポッシブル2

f:id:morizo_3377:20180802204002j:plain

2000年。イーサン・ハントは殺人ウイルスとその解毒剤の奪還作戦に赴き、女泥棒のナイア・ホールと手を組む。

ミッション:インポッシブル3

f:id:morizo_3377:20180802203908j:plain

2006年。スパイを引退していたイーサンが再び現場に戻ってチームを結成し、闇ブローカーのオーウェン・ディヴィアンを倒す為に奮闘する。

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

f:id:morizo_3377:20180802203804j:plain

2011年。陰謀によりクレムリン爆破犯の汚名を着せられたイーサンと仲間たちが、全面核戦争の野望を抱くカート・ヘンドリクスを阻止しようとする。

ミッション:インポッシブル/ローグネイション

f:id:morizo_3377:20180802203720j:plain

正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

今回見た感想(ネタバレ)

ただ、ただ、面白いし、迫力がすごい

トム・クルーズ走る走る笑

それにあの走りの速さとフォームは56歳とは思えない( ˙-˙ )

陸上をしていた自分より速いんじゃないかと思ったくらいです笑

長官は途中で亡くなってしまって悲しかったけども、長官の役内での役の演技がまた上手い!!

パリ市街のカーチェイスは本当に見応えがある

トムはバイクが得意ということでバイクの運転が手に汗握る感じでひやひやする。

そして、ヘリコプターを自分で操縦するという

体当たりするという笑

ヘリコプター体当たりとか絶対死ぬ。。

ヘリコプターのライセンスを取るのに2000時間も費やすとは役者魂ですね、、

ビルからビルに飛び超えるのは、自分も、、

いや無理だ。怖くて飛べないお笑

ベンジーが平面の図で見ているから、イーサンが屋上走っているのを知らずに指示を出してるとこが凄くツボだった笑

最後の最後にハッピーエンドで終わることが出来てホントに良かった(๑´ㅂ`๑)

迫力満点の最高の映画(`・ω・´)

次の映画はない気がするのでしっかり目に焼き付けて起きました( ¯꒳¯ )b✧

ABOUT ME
morizo3377
神戸に関する事を主に詳しく書いています。 神戸っ子なので神戸の事はなんでも聞いてください(*´з`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。